面白いこと発見し隊

備忘録的な事やその他いろいろ

*

レンタルサーバ

『Hostinger』のアカウント停止に関して

2017/12/01

Prawny / Pixabay

Prawny / Pixabay

しばらく放って置きっぱなしだったのですが、まったく触っていないとダメですね。
いつの間にかアカウント停止を食らっていたみたいです。

 

前作ったサイトに接続してみるも404エラー

はい。まずは知った状況から。
以前借りていたフリーのレンタルサーバのHostingerに作った前「面白いこと発見し隊」のサイト(http://omohatu.hol.es)に接続しようとすると下記の画面になります。

hostinger404エラー

はい。404エラーの画面ですね。

で、Hostingerなんですが、前も似たような状況になったことがあって、
「全く自分のサイトが表示できなくてエラーになっていたけど、2・3日後に接続したら何事もなく接続できた」
ということがあったもんだからテッキリ「またしばらくしたら接続できるだろ?」みたいに考えていたんです。

が、ところがどっこいなわけでした…(;´д`)トホホ…

 

『Hostinger』のサイトからログインしてみる

しばらくしても全く接続できないので、Wordpressの管理ではなく『Hostinger』のサイトからログインして管理画面に行こうとします…

が!

 

Hostinger_アカウント停止_01

なんだ…この「ステータス」にある「停止」とか「乱用」ってのは…

で、まったく管理画面に入れなさそうなので、「理由の表示」というのを押してみましたら…

 

Hostinger_アカウント停止_02

アカウント停止理由は次のように。

omohatu.hol.esのアカウントは、設定されている70%のCPU制限値を31回以上超過しました。通常、ありえない状況であり、サーバーへの多大な負荷をかけています。適切なセキュリティー、またはパフォーマンス対策を行っていただかない限り、ホームページは自動的にサーバーから削除されます。

な…なんでや…(;´Д`)

 

想定される原因

1日100ぐらいのアクセスはあった気がするけれど、それだけが原因かというとそうでもない気がする。

考えられるのは、次のようなアクセス解析人気の記事ランキングを出させるプラグインは入れていたので、

・WP Slimstat         ・・・アクセス解析
・WordPress Popular Posts   ・・・人気記事ランキング

アクセスが増えたのと相まってCPUに負荷をかけてしまった…ということだろうか?

 

(追記)

調べたら下のような記事も出てたし、やっぱりよくわからないで「WordPress Popular Posts」のプラグインを導入したのがサーバへの負荷増やしてたのかも…

WordPress Popular Posts で人気記事を表示する方法(バズ部)

「Listing refresh interval」とは、記録するアクセス数の更新頻度のことだ。これは「Live(同期)」のままで問題ない。もし数十〜数百万 PV のアクセス数がある場合は、更新頻度を1日に1回にするなどサーバーに負担がかからないように間隔を調整しよう。

 

リカバリーはできないのか?

先の『Hostinger』の画面から取れるアクションが「アップグレード」と「理由の表示」だけである。

試しに「アップグレード」を押してみると…

 

Hostinger_アカウント停止_03

「金を払え」という画面に行きます。

というわけで、管理画面にも入れずなにもできません。

FTP接続もアカウントがロックされている為かエラーで弾かれるし、管理画面に入れないのでwordpressのデータベースのバックアップもできません

 

実はしばらくほったらかしにする前に、データベースのバックアップをとっていた気になっていたがPCの中を探してもどこにもない。

そんなわけで前のサイトに記載したデータはお金を払えば見えるようになるけれど、そうでなければ救出は無理です。(泣)

 

教訓

バックアップは絶対取れるうちに取っとけ!

ということですね。

(データベースのバックアップ取ってればwordpressの移転の検証もできたのになぁ…)

 

 

追記(2017.11.24)

しばらく気にもしてなかったのですが、たまたまここら辺のことを詳しくまとめているサイトを見つけたので、忘れないように記載。

 

このサイトですが、やはり凍結されるとお金払わない限りWordpressのデータ全般回収不能になるっぽいですね。

転送量制限以外にも アクセス数 による制限があります。実際に利用してみると、こちらの制限が厳しいように感じます。 例えば、1,000件/日ほどのアクセスが続くと、5日から6日でサーバーアカウントが予告なく凍結されます。この処置は一時的ではないため、サポートに問い合わせない限り解除されません。

 

凍結されると、その (ユーザー) アカウントでは新規無料プランを追加することはできません。また、コントロールパネルやサーバーへのアクセスが禁止されるため、データの回収が不可能となります。前述通りサポートに依頼するか、有料プランへ移行するしかありません。

(hostingstock.net「Hostingerの完全レビューと無料プランで注意するポイント」より)

 

同じサイトですが、こちらの記事も一緒にみるといいと思います。

Hostingerを利用してみたら1日1,000件のアクセスでアカウント停止となりました

 

ちなみにですが、久しぶりにHostingerの管理画面にログインしてみたら、凍結中の表示も無くデータまっさらにされていました。^^;

いつまでもお金払わないからリソース遊ばせとくの勿体ないから消されたか・・・

 


スポンサーリンク

-レンタルサーバ
-, , ,