面白いこと発見し隊

備忘録的な事やその他いろいろ

*

windows

Windows Update が一向に進まない症状

2017/11/25

WDnetStudio / Pixabay

家族のPCとか結構Windows Updateさぼっちゃうんですよね。
特にESETが入ってると、一度『パーソナルファイヤウォール』を解除してやらないとWindows Updateできないという問題もあり、ついつい自分のPC以外はさぼりがちになります。

で、セキュリティの見直しも含めて久しぶりにWinodws Updateも見ておこうかとしたのですが、「更新プログラムを確認しています...」から一向に動かないという症状がでます。

というわけで、今回はそんなWindowsの不具合ついて調べて対策してみました。

 

症状

長いことWindows Updateを実施していないと起こる現象です。

Windows Update しようとして「更新プログラムの確認」を選択した後、この画面から進まないという現象。

以前、Windows7の私のサブPCで同じような事象が出たときは、「1・2日このまま放っておいたらいつの間にか進んでいて更新プログラムが表示されていた」ということがあったので、今回も家族のPC(Windows7)をその手法でやろうとしたのですが1日丸々借りて放っておいたのに全然進まない…

返却の目安でお知らせしていた時刻は近づいてくる…

ということで、そんな焦りからネットで同じような症状の人がいないか確認してみました。

 

解決策

ググったところあっさり検索上位に同じような症状で悩んで解決していた記事が見つかりました。

Windows Updateが「更新プログラムを確認しています」から進まない

treedown’s Report より)

上記サイトにある解決策によると…

まず結論からお伝えします。

■Windows 7 および Windows Server 2008 R2 用 Windows Update クライアント: 2016 年 3 月
https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/3138612

ここで「Windows6.1-KB3138612-x64.msu」をダウンロード(64ビットOSの場合、32ビットOSは32ビット専用のx86と記載されたファイルがダウンロードできます。)して、
2016年3月現在で最新版のWindows Update Clientファイルをインストールする必要があります。
これをインストールすると、いままでWindows Updateがまったく進行する気配のなかったものが突如やる気を出して自動更新のダウンロードとWindows Updateのゲージが動作し始めました。

treedown’s Report より)

とあるので、『最新版のWindows Update Client(エージェント?)ファイル』とやらを入れればいいようです。

 

そんなわでけで、マイクロソフトのサイトにアクセス。

Windows Update エージェントを最新バージョンに更新する方法
Microsoft サイト より)

上記のサイトでうちのPCにあうもの(Windows7 SP1 64bit)をダウンロードしました。

 

Windows Update エージェントを最新バージョンにする

目的のソフトがダウンロードできたら実行します。

今回落としてたファイルは、「WindowsUpdateAgent-7.6-x64」です。(拡張子表示してないから形式わからん…^^;)

実行しインストーラを起動します。

問題なければ「次へ」。

「同意します」を選択して「次へ」。

「Windows Update エージェント」のインストールが開始されます。

インストール完了。

 

再度Windows Updateを実施してみると

エージェントを最新バージョンにした後、Windows Updateを実施してみたところ…

あっさり更新するプログラムが見つかるっていう…(俺のあの待ちぼうけていた時間は何だったんだ…^^;

というわけで、Windows Updateも無事完了しました。

 

まとめ

やっぱり「ただ待つより攻めの検索!」ってことですかねぇ…
無駄に待っているなら同時並行で同じような事象が無いか検索しておいたら、時間も無駄にならなかった…という教訓を学びました。^^;

 

Windows (Original Update)

新品価格
¥100から
(2016/12/14 時点)

 

スポンサーリンク

-windows
-, , ,