面白いこと発見し隊

備忘録的な事やその他いろいろ

*

PCパーツ ディスクドライブ

静音の為のHDDケースは放熱が問題?

2017/11/25

WerbeFabrik / Pixabay

以前動作がおかしいHDDがあることは書いていたのですが、ついにそのディスクがついにおかしくなりウェスタンデジタルの『WD30EZRZ』を買う羽目になった…というところまでは記事にしました。

で、今回はその問題のディスクを外したところ大層なケースに入っていたので記載します。

 

以前書いた記事

今回のHDDに関連する記事です。

HDDがおかしくなったのでchkdskを実行した時の記事。

HDDの動作がおかしくなってきた

 

HDDがおかしくなったので代わりの新しいHDDを買った時の記事。

ついHDD(WD30EZRZ)をAmazonでポチってしまった…

 

今回は上記2つの記事を書くことになった、壊れたHDDを取り外した後の話です。

 

問題のディスクの最後

そろそろ壊れると思って、ディスク内のデータを整理していた時です。

まだ、定期的にスタックすることはあっても普通に読み込めていたので、ディスク上にある動画ファイルをファイルサイズ縮小の為にエンコードかけていたのですが、長時間負荷をかけたためHDDが熱を持ったのかHDDの認識が完璧に外れて読み込みに行けなくなったのが最後でした。

以降、HDDを取り外してSATA~USBの変換してデータの吸出しを何とか行えたからよかったですが、一歩間違えたらデータ損失していたわけで、迂闊なことをしてしまったと反省しています。

 

HDDを取り出してビックリした

当初、デカい黒い箱程度にしか思っていなくて、まさかHDDが入っているとは思わなかったのですが、SATAのケーブルをたどると問題のディスクはこれしかない…という事で取り外してみてビックリしました。

 

取り外した後の画像です。

上から。

ひっくり返して下から。

ケーブル側から。ケーブルが出てますが結構な密閉率です。

 

さて、ネジを外して開いたところ…

こんな感じで消音スポンジみたいにの包まれたHDDが出てきました。

 

HDDを取り外してみるとこんな感じ。

尚、HDDケースのメーカーなどは記載見つかりませんでした。

 

一応、上と下に熱伝導率のいい金属で挟んでコモった熱を逃がそうとはしているようですが、これって静穏と引き換えに結構HDDの寿命削っているような気がします。

 

何故こんなことになっているのか

思えばドスパラでPCを買ったときに静音を高めようとオプションで選んだのかも知れません。

随分前のことなんであまり覚えてないのですが、もうPC新調するのめんどくさくてショップのBTOでポチポチでやった時に確か「HDDの静穏性を高める」みたいなのがあったような…

 

まとめ

今回は済んでしまったことなので「いい勉強になった」とするしかありませんが、結論として…やっぱりHDDは裸に限る!ということでしょうか?

スポンサーリンク

-PCパーツ, ディスクドライブ
-