面白いこと発見し隊

備忘録的な事やその他いろいろ

*

mac windows ブラウザ

ブラウザ『Kinza』が64bit版が出たらしい

2017/11/25

最近、導入してそこそこ軽かったので使っていた『Kinza』ですが、今まで32bit版しか公開していなかったのが今回のバージョンアップで64bit版が使えるようになったので、早速アップデートしました。

 

『Kinza』とは何ぞや

ブラウザというと『IE(Windows10だと「Microsoft Edge」か?)』から始まり、『Chrome』、『Firefox』、『Opera』、『Safari』が有名で、『Kinza』というのはあまり聞きなれないブラウザでした。

私も比較64bitで動くブラウザを検索した時の一覧で見なければ『Kinza』を知る由もなかったと思います。

 

『Kinza』のメインサイトはこちら↓

・Kinza
https://www.kinza.jp/

 

で、そもそも『Kinza』とはどんなブラウザかとみたところ。

Kinzaはユーザーの声で進化するブラウザです。

Kinzaは、Google Chromeを支える「Chromium」をベースに開発された、日本製のオリジナルWebブラウザです。

Kinza 「Kinzaとは」より)

 

ざっくり言うと『日本オリジナルのWebブラウザ』とありますが、エンジンの部分は海外の『Chrome』製を使った日本車みたいなイメージですかね。

ですが、32bit版の『Kinza』を使ってみましたが本家『Chrome(64bit)』と同等か軽い動作というイメージでした。
もちろん『Chrome』で使っていたアドオンを入れられます

なわけで、今ではメインで使っている『Opera』と一緒に使うブラウザになっております。

(サブはFirefoxですが動作がもっさりしているので、豊富なアドオンで使いたいものがある時以外はあまり触らないかな?^^;)

 

64bit版は渇望されていた?

もうMacはもとよりWindowsのPCさえもほとんどCPU、OSともに64bitが主流になってきています。

自分も『Chrome 64bit版』が出始めの頃、32bit版との動作の軽快さの違いにビックリしたことがあり、それ以来「できるなら64bitで」とブラウザを漁ったりもしました。

(『Firefox』も今でこそノーマルも64bit動作ですが、昔は『Firefox Developer Edition』でしか64bit版が無くてね…^^;)

そんなこんなで32bit版しかない『Kinza』にも64bit版が求められていたようでして、『Kinza』の掲示板にも下記のような書き込みがありました。

 

「ホーム» 新機能や改善の要望» Hot 検討中 64bitにも対応して欲しい」より

2014-12-25 09:08:40

現時点では32ビットのブラウザのようですが、64ビットにも対応できるようなのでしょうか?
使用しているPCが64ビットのPCを使用しています。
今のところ問題はなさそうですが、今後対応していただけるようならありがたいです。

この返答が↓

2014-12-25 11:28:42

ご要望ありがとうございます。
32bit版と64bit版に関しては、動作上大きな違いはなく
一部処理の安定性とパフォーマンスの違いのみになります。
64bit版については開発側でも度々検討しておりますが、
提供するだけのメリットがあるかなど、必要に応じて検証をしております。
また今のところ64bit版からは32bit NPAPIプラグインを実行できない問題があります。
ご要望を加味し、引き続き検討は進めさせて頂きたいと思います。
以上、宜しくお願い致します。
Kinza開発チームより

どうもこの要望2014年12月ごろから、出ていたようです。

掲示板を追っていくと「たしかに64Bit版では、安定性は向上しますがメモリ使用量は増大する傾向があります。」等の理由などにより引き伸ばされて来たようですが、

2017-05-13 21:10:19

皆様;

Chrome がはっきり、64bit にはっきりカジを切ったこともあり、
いままで以上に、64bit 版を検討しています。
お約束はできませんが、現状、公開できる日は、そんなに遠くはないんじゃないかなーという感触です。

もう少しお待ち下さい。

Kinza 開発チーム

で腹をくくったのか、この1カ月ちょい後に64bit版が公開されたという流れですかね。

 

本日2017年6月27日付けで、Kinzaのアップデート版となるVer4.0.0を公開致しました。最新版のダウンロードは、以下リンク先よりお願い致します。

Kinza version 4.0.0 (2017/6/27)
[更新内容]
64bit 版の公開
Chromium のメジャーバージョンアップに対応(58.0.3029.110 → 59.0.3071.109)

Kinza 「開発ブログ」 より)

 

確かに64bit動作になることで使用できるメモリの上限が上がるし、実際使ったところ32bit版よりメモリの使用量増えたか?という感じですが、昨今メモリも16Gbyte以上で大量に搭載してるPCが主流になってきてますし枯渇することはないんじゃないかなぁ…というイメージです。
(よっぽど多数アプリケーション起動して作業してる人でもなければ)

 

 

32bit版からのアップデート

アップデートというか普通に『Kizna』のサイトにアクセスして新しいバージョンの64bit版のファイルをダウンロードして実行するだけですね。

 

32bitバージョンの時。

 

『タスクマネージャー』上では「Kinza(32 ビット)」とあります。

 

 

サイトにアクセスしてダウンロードのページに行きます。前は64bit版 がありませんでした。

(なお、Macで上記サイトにアクセスすると「macOS」だけが表示されます)

 

上書きインストール方法は「Kinza 使い方」の「インストール」に記載されてます。(Mac版の方法も)

(そういえばWindowsが32bit版しかなかった時でもMac版はあったのですが、そっちは32bitをエミュレートで64bitOSで動かしてたのかな?どうなんだろ…)

 

64bit版アップロード後。

 

「タスクマネージャー」でみると、「(32 ビット)」が無くなっています。

 

インストールでちょっと気になったところ

『Kinza』をインストールしてわかることですが、『Kinza』で作られるショートカットのリンク先がこんな感じです。

C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Local\Kinza\Application\kinza.exe

なので、そのPCに作られたユーザーごとにインストール場所が違います。

インストールする時に指定するところもないので、ユーザー毎に入れなおさないといけないっぽいです。
(それとも自分で勝手に任意の場所にコピペすれば他のユーザーでも使えるのか?)

 

ただ『Kinza』もいろいろあるようで

いろいろ調べてみた感じ。

・まだまだ国産ブラウザKinzaをこき下ろす
https://anond.hatelabo.jp/20160616172213

 

上のサイトから飛んだリンク先のページ。

Dayz株式会社

社名
Dayz株式会社
代表取締役
玉城 朝
資本金
500万円
会社設立日
2008年4月1日

あれ…代表の名前?

黒翼猫のコンピュータ日記 2nd Edition 「Chrome系なのにあえて『純国産ブラウザ』を謳うKinzaを調べてみた」より)

なんか昔流行ったあの悪名高いソフト『JWord』の元部長さんが作った会社らしいです。

『JWord』はウザかった思い出があるから、あまりいいイメージは無いかも。^^;

 

後、こんな記事も見つけました。

・国産ブラウザ「Kinza」をメインとして使えない理由
http://jojaku.net/kinza-chrome/

 

ここにもありましたが、「新しいタブを開いた時にgoogleの検索画面とかYahooニュースとか表示したい」ところがそういうのを設定するところが無く、デフォルトで決められてるっぽいです。

これだけはちょっとソフトウェア的にどうにかならないんかなぁ…というところ。

 

まとめ

まぁいろいろ『Kinza』もあるようですが、64bit版も出てきて安定もしてますし今のところ変な動きもしてないです。

もろ手を挙げてオススメするまではいきませんが、この機会に試してみるというのもありかも知れません。

スポンサーリンク

-mac, windows, ブラウザ
-, , , , , ,