面白いこと発見し隊

備忘録的な事やその他いろいろ

*

レンタルサーバ

Starserver(旧Netowl/WPblog)でPHPを7.1.xへバージョン切換え

WordPressがあるWPblog(新Starserver)のPHPのバージョンが古かったのでアップしました。

 

PHPのバージョンを 5.6.x → 7.1.x へバージョンアップ

Starserverのレンタルサーバーのメニューに入ってしまえば、ボタンポチポチで変えられるので割と簡単なのですが、万が一失敗してシステムがおかしくなったときの為に事前にWordPressのデータベース&各種ファイルバックアップはしておいた方がいいと思います。

 

「PHPバージョン切替設定」を選択します。

 

『PHP5.6.x』のままだったようで、どうやらだいぶ新しくなって『PHP7.0.x』というのが出ているらしいです。

説明文によれば、PHP5より速度向上やメモリ使用量減がされてるようですが、WordPressやプラグインが対応してない場合は動かなくなるらしい。

PHP5に比べ2倍以上の性能向上や大幅なメモリ使用量の改善が行われたPHPの最新バージョンです。

PHP7 の利用に関して

PHP7 はリリース直後のため、ご利用のプラグイン・テーマによっては PHP7 にまだ対応されておらず、PHP7 に変更してしまうとWordPressに正確にアクセスできなくなってしまう可能性があります。
PHP7 のご利用に際しては、バージョン変更後にWordPressが正常に動作するか必ずご確認ください。

 

「PHP5.6.x」「PHP7.0.x」「PHP7.1.x」から選べる。

 

今回どうせバージョンアップするなら最新ということで「PHP7.1.x(推奨)」を選択。

問題が無ければ「設定変更(確定)」ボタンをクリック。

 

変更後のバージョンが「7.1」と表示され再度確認を求められます。「設定変更(確定)」をクリック。

 

「PHPバージョンの変更が完了しました。」と表示されます。

 

これでPHPのバージョンアップは完了です。もう一度見てみると「現在のバージョン」が「PHP7.1.x」になっています。

 

念のため本作業後は、実際ブラウザからWordpressのサイトにアクセスして、Webサイトの動作に異常が無いか確認しておきましょう。

 

Netowl時代のWPblog(PHP5.6.22→7.0.7)

昔、このサイトのPHPのバージョンアップをした時取ったスクリーンショットが出てきたので、備忘録的にアップ。

 

Netowlのメンバー管理ツールからWPblogのPHPバージョン切り替え設定を開き、変更後のバージョンを「PHP7.0.7(推奨)」を選んで、「設定変更(確定)」をクリック。

 

「PHPバージョンの変更が完了しました。」と表示され、PHPバージョン変更完了。

 

Starserverのものとあまり変わらず、ボタンポチポチで出来てますね。

 

まとめ

これで切換完了です。

実際自宅サーバーを立てて、PHPのバージョンをアップデートしたりすると大変だと思いますが、レンタルサーバーだとボタン一つで切替えられて楽ですね。



スポンサーリンク

-レンタルサーバ
-, , ,