面白いこと発見し隊

備忘録的な事やその他いろいろ

*

PCパーツ windows

『Creative Sound Blaster X-Fi Go! Pro』の『エンターテインメントコンソール』にて「サポートしてるオーディオデバイスがありません」エラー発生

2018/05/12

ちょっと前から『Creative X-Fi Go! Pro』の『エンターテインメントコンソール』でこんなエラーが出るようになってしまったので、もう一度アプリケーションを入れ直して問題を解決しました。

 

『Creative Sound Blaster X-Fi Go! Pro』

USBでオーディオミキサーやボイチェンが使える便利なオーディオインターフェースなのです。+
結構そこそこのお値段なのでライブ配信などで使ってる人は多いと思います。

 

今現在売っているのは『r2』が付いた新しいタイプです。

Sound Blaster X-Fi Go! Pro r2 Creative USBオーディオインターフェース SB-XFI-GPR2

新品価格
¥3,245から
(2018/2/9 時点)

初期のモデルで『r2』が無いものがこれです。もう中古しかないっぽいですね。

Creative Sound Blaster X-Fi Go! Pro USBオーディオインターフェース SB-XFI-GOP

中古価格
¥3,839から
(2018/2/9 時点)

 

エラーの原因っぽいの

恐らくですが、もともと使っていた『X-Fi Go! Pro r2』が音声にノイズがのるようになってしまったので、以前使っていた『r2』が付いてない『X-Fi Go! Pro』を挿して使っていたのが原因かと思われます。

X-Fi Go! Pro r2』から無印のX-Fi Go!にUSBを差し替えただけで使えるようになっていたのですが一応ドライバ的にも細かな違いがあるのか、その後これに起因すると思われるエラーが発生したりしました。

 

こんなブルースクリーンが・・・

問題が発生したため、PC
を再起動する必要があります。
エラー情報を収集しています。再起動できます。(0%完了)

詳細については、次のエラーを後からオンラインで検索してください: DRIVER_IRQL_NOT_LESS_OR_EQUAL(ksaud.sys)

 

こんなエラーが出たのですが、いくつかネットで検索した結果は以下のような感じでした。

 

https://urashita.com/archives/3810

 

 

http://bbs.kakaku.com/bbs/05601010376/SortID=11975344/

【ksaud.sys】についてググってみると、当該製品以外にもSound Blasterシリーズで何件も同じような不具合が報告されていました。Saund BlasterシリーズでのBSODはコイツが原因のものが多いようです。
ただ、やはり解決策となり得る情報は見つかりませんでした。

 

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1239273752

 

 

http://r-ryuga.sblo.jp/article/175864049.html

Sound Blaster

"ksaud.sys"で検索するとトップに出てくる価格.comのレビュー。

条件によっては頻発するそうです。
私もSoundBlasterのUSB接続タイプを使っています。→USB Sound Blaster Digital Music Premium HD
私の場合ブルースクリーンは初めてでしたが、そうなると今後が不安です

 

というように、「ksaud.sys」関係のブルースクリーンは『Sound Blaster』系の機器を使用していると出やすいようです。

 

 

アプリが起動しなくなった

しばらく掘っておいたらブルースクリーンは出なくなったのですが、その直後ぐらいから次のエラーが出るようになった感じです。

 

『Sound Blaster X-Fi Go! Pro』のスタートメニューからアプリを起動しますが・・・

 

エンターテインメントコンソール:「サポートしてるオーディオ デバイスがありません。アプリケーションを終了します。」

 

オーディオ コントロール パネル:「このアプリケーションがサポートオーディオ デバイスが見つかりません。アプリケーションを終了します。」

 

この為『エンターテインメントコンソール』で使えていたボイチェンエコーなどの機能が使えなくなってしまいました。

 

 

アプリのアンインストール

さて、一度エラーが出るようになってしまったアプリをアンインストールします。

 

『コントロール パネル』→『プログラム』→『プログラムと機能』でアプリを選択する画面を開きます。

「名前」を探すと「Sound Blaster X-Fi Go! Pro」が見つかりますので選択してダブルクリック。

 

すると「Sound Blaster X-Fi Go! Pro - InstallShield Wizard」が起動します。今回まっさらにしたいので「すべて削除」を選択し「次へ(N)>」をクリック。

 

選択したアプリケーション、およびすべての機能を完全に削除しますか?」と聞かれるので「はい(Y)」をクリック。

 

アンインストールが始まります。

 

「アンインストール完了」すると今すぐコンピュータの再起動するか後で再起動するか選択を促されるので、どちらか選択して「完了」。

 

 

CREATIVEからドライバ・アプリケーションのダウンロード

ドライバとアプリケーションのダウンロード先はこちら↓

リンク

 

上記サイトより、飛ぶとCREATVEカスタマーサポートに飛ぶんで、そこで「ドライバー」の下にある「Creative Sound Blaster X-Fi Go! Pro ドライバ/アプリケーション」横の「↓今すぐダウンロード」をクリックします。

 

すると「Sound Blaster X-Fi Go! ProWindows 764-bitが選択されました。」と表示されるので、下の方の「使用許諾」の下「同意する」をクリックしてダウンロードを開始します。

 

しばらくすると「SBXG_PCDRV_L11_1_02_0081a.exe」のダウンロードが開始されます。

 

148MBのデータがダウンロードできるまでしばらく待ちましょう。

 

ドライバ・アプリケーションのインストール

ダウンロードが完了したファイルをダブルクリックして実行します。

 

するとセットアップ用のファイルを展開し始めます。

Please Wait while Self-Extracting is executing... Extracting in progress
自己解凍中にお待ちください...解凍中です

 

Rebuild data content」のカウントが「155253984」まで上がったら展開終了。「InstallShield Wizard」が起動します。

 

Sound Blaster X-Fi Go! Pro - InstallShield Wizard」開き、インストールで使用する言語を選択できるので「日本語」を選んで「次へ(N)>」をクリック。

 

セットアップの準備が始まります。しばらく待ちます。

 

「ソフトウェア使用許諾契約書」の参照画面になります。問題なければ「はい(Y)」で次へ。(どの道はいを選ばないと先進まないのですが…)

 

インストールするフォルダを指定する画面になります。好きなフォルダを指定して「次へ(N)>」をクリック。

 

セットアップ タイプを選択して下さい」とか出ますが、「フル インストレーション」しかないのでクリックして次の画面へ。

 

インストール情報」が表示されます。指定したフォルダと違うとかの問題なければ「次へ(N)>」でインストール開始します。

 

しばらく待ちます。

 

インストールが始まります。

 

青いバーが一番右までいくまで待ちます。

 

 

待ってると「インストール完了」画面が出て、コンピュータの再起動を促されます。今すぐ再起動するか後で再起動するか選択して「完了」をクリック。

 

以上で、「ドライバ・アプリケーションのインストール」は完了です。

 

アプリケーションの起動

PC再起動後、自動でだったかエンターテイメントコンソールを起動した時だったか忘れましたが、Creativeのお客様登録みたいな画面がでます。

 

Creative プロダクト レジストレーション

Creative プロダクト レジストレーション」の画面。

 

めんどいので「Sound Blaster X-Fi Go! Pro」の横に付いているチェックを外して「次へ(N)>」をクリックしましたが…

 

登録する製品を指定して下さい。」と怒られるので、一度「OK」でこのボックスを閉じて前の画面の右上の「×」をクリックしたと思います。

 

すると「ご登録の意向を確認させて頂きます」の選択肢が3つ出てきます。

 

3つの選択肢は次の通り。

  • これからオンラインで登録する
  • 2週間後に再度確認する
  • 今後、登録の確認を一切しない

 

なので、私は「今後、登録の確認を一切しない」を選択。「OK」をクリック。

 

たぶん、これでもう起動してこないはず。

 

Creative ソフトウェア オートアップデート

これはエンターテイメントコンソールを起動した時だと思う。

Creative ソフトウェア オートアップデート」が起動する。一応インストール後ではあるが念のため「今すぐ実行する(R)」を選択して「次へ(N)」をクリック。

 

次のプログラムにこのコンピューターへの変更を許可しますか?」と聞かれます。「はい(Y)」をクリックして次へ。

 

Webページからのメッセージ」が表示される。

 

この後、上記画面から「OK」をクリックしたのか、「キャンセル」して「Creative ソフトウェア オートアップデート」のメイン画面から「設定」をクリックして次の画面になったのか忘れました

更新のチェック」画面です。たしかここで「更新のチェック(U)」をクリック。

 

すると「進行状況:更新内容を確認しています」と出てパーセンテージが100%まで上がっていきます。

 

すると次の画面のようなインストールするものにチェックを付ける画面になる。

 

下の方にスライドする。

 

必須:ソフトウェアの更に必要なコンポーネントです。選択の取り消しはできません。
重要:製品のパフォーマンスを最適化するために必要な更新ないようです。
推奨:ユーザーインターフェースを向上する為に必要な更新内容です。

とあるけれど、ユーザーインターフェース向上は必要ないだろうし、唯一重要となっている製品は「(体験版)」ってあるし・・・全部チェック外していいかな?^^;

というわけで、なにもインストールしないということで、「キャンセル」をクリックしました。(ここは覚えてる)

 

再度『エンターテインメントコンソール』を起動

いろいろやってきましたが、起動しなくなったアプリケーションをすべて再インストールした上で、起動したところ問題なく起動するようになりました。

 

 

まとめ

アプリの動作がおかしくなったらすべて消してからの再インストールは基本ですね。

ただ、これで問題なく使えるようになったと思ったら、PCをつけっぱなしで作業してるとマイクONにしても使えなくなる事象が・・・^^;(音声は聞こえる)
一応USBの抜き差しでマイク使えるんですけど、どこかの設定弄っておかしくしてしまったのかな・・・

 

・Amazon

Sound Blaster X-Fi Go! Pro r2 Creative USBオーディオインターフェース SB-XFI-GPR2

新品価格
¥3,245から
(2018/2/9 時点)

・楽天

クリエイティブメディア USBオーディオインターフェース Sound Blaster X-Fi Go! Pro r2 SB-XFI-GPR2[SBXFIGPR2]

価格:3,564円
(2018/2/10 時点)
感想(2件)

スポンサーリンク

-PCパーツ, windows
-, , , ,